タイのカオサンロードでの値切り交渉!やり方まとめ

writer:ゆりの(@yurino_room

 

タイには可愛い雑貨やお土産の定番タイパンツがある。

値札がついていないものも多く、店の人と値段交渉をして買うことができる。

 

実際にタイに行って初めての『値切り』は惨敗すぎて泣きそうになった。いや、泣いた。

 

だけど、次の日ではすんなり値切ることができた。この違いはなんなのか。

 

なるべく安くおみあげを買いたいあなたにオススメ。

値段交渉のやり方と注意点をまとめます

 

 

スポンサードリンク

海外での値段交渉のやり方

  1. 値段を聞く
  2. 自分の買いたい値段を言う
  3. 話し合う
  4. 折り合いのつく値段で買う

これが基本。

 

タイだからと言ってタイ語で話さないといけないわけではなくて基本的に英語で通じる!

正直言って、英語をそこまで喋れなくても意味は通じるから安心して笑

 

『How much.』『discount』が言えたら大丈夫!

 

わたしはタイで『プライスダウン!プリーズ!』とか言ってたけどプライスダウンって和製英語らしい。

衝撃でタイで連呼していたのが恥ずかしい。

でもちゃんと値下げしてくれた。意味は理解してくれるよ!

 

 

あればいい道具

電卓を持っていると値段交渉がしやすい。

お店の人が持っている場合が多い。

 

自分のスマートフォンについている電卓を使って自分の希望額をお店の人に見せると交渉もしやすいよ。

 

iPhoneを持っている人はSiriを活用しよう。

『現地の通貨(〇〇バーツは)は日本円で』と聞くと日本円に換算して答えてくれる。

 

計算が苦手な人はSiriに聞いてみよう!

 

 

言い値よりだいぶ少ない値段を希望額に

言い値で買ったら損!

まずは言い値よりだいぶ低い値段を提示する。

流石にそれは無理ぐらいの値段でいい。

 

そこから、少しずつ上げていく。

そうすれば安い値段で買うことができる。

 

自分の払える額を提示するとその額より下がることはない。

だから、まずは下げすぎだってぐらい下げるのがいい。

 

 

スポンサーリンク



値段交渉の注意点

有名な観光地は値引きが難しい。

観光客が溢れている観光地では物価が高くなかなか値引きをしてくれない。

 

値段交渉を海外でやるなら人が少ないところや市場でやるべき。

 

観光客用物価は日本と変わらないぐらい高くなっているから要注意。

そして、店主もなかなか頑固でレベルが強くなるから、初心者はメンタルがやられる。

 

そう、わたしが初めて値引きに挑戦してのはタイの有名観光地『カオサンロード』だった。

タイでは安く手に入ると思い込んでいた。

しかし、そうではなかったのである・・・。

 

 

強面店主VS安く買いたいわたし

タイ初日、2日目の服を買おうとカオサンロードを歩いていた。

時間は夜の10時を回っていたと思う。

 

道は観光客で溢れていた。

 

夜のカオサンロードは道がクラブになっていたんだ。

爆音で鳴り響く海外のヒットチャート。

ここは完璧にタイではない。

タイではない他の国のようだった。

 

明日の服を買いにいろんな店を見て回る。

時間も時間でしまっている店も多かった。

 

ある店に入り可愛い服をみつけた。

これを買おう。

 

店主を呼び値段を聞いた。

『300バーツ』

日本円で約1000円

 

日本で買えばそのくらい取られるだろう。

 

しかし、ここはタイだ。

 

絶対に値下げしてやる。

と意気込んで値段を下げるようにお願いをする。

 

『NO!』

強い。だけど負けられない。

 

『NO!』

え、店の人の顔怖い。

 

『NO!』

え、意思強くない?

 

『NO!』

そう言いながらわたしの持っているワンピースをとって店に戻した。

 

ここでわたしの心は砕ける。

 

なんでこんなに怖いの。

微笑みの国だよね?

え、値下げめっちゃ怖い。

泣きそう。

 

と思いつつ、時間も遅肩から300バーツで購入。

 

おじさんの顔には笑顔が戻ることはなかった。

 

・・・

 

今考えれば、時間が遅かったことと観光地だったことが原因だとわかった。

 

タイミングが最悪の状態での初めての値下げは恐怖が植えつけられただけで終わった。

 

 

値段交渉は引き際も大事

粘っても値下げしてくれなかったらもう諦める。

 

粘ってもダメなら無理!お店の人の意思は固い。

ある程度まで値下げしてくれたら、それで満足しよう!

 

そして笑顔でコップンカー(ありがとう)。

 

 

海外での値引きは最初は勇気がいる。

自分の話している英語が変じゃないかとか、通じないんじゃないかとか。

だけど案外通じるもので(和製英語・プライスダウンも通じた)自信を持って話しかけてみよう。

 

言い値で買うのは勿体無い!

 

可愛い雑貨を安く買ってたくさんおみあげを購入しよう!!!!

 

関連記事>>tabippo『SHINE』コンテストで優勝したら無料でタイに行けた話

 

ゆりののツイッターはコチラ▼

 

 

スポンサーリンク







▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高卒で働くのが嫌でフリーランスのブロガーになりました。個人ブログ【うたかたサプリ】を運営/「あなたの毎日を楽しくする」がコンセプトの雑記ブログ。趣味は旅行と映画鑑賞。 詳細プロフィールはWebSiteをクリック↓↓