ブログのネタ切れを解消するたった1つの方法を解説するよ!

writer:ゆりの(@yurino_room

 

\\ネタがない//

ブログを書いている皆さんは一度や二度、三度や四度、体験していると思います。私はこの1ヶ月間、慢性的なネタ切れの状態で生活していました。

 

いろんな人に、ネタってどうやって出すんですかと聞いても「生きていること全てがネタだよ。」などと言われ、私の頭の中はパニック( ;∀;)

 

雨に日、引きこもっていたら、どうやってネタが舞い降りるんだ!と反論しつつも「なるほど〜」と言っていました。

 

完全に、ネタを振り絞った発信していると、自分が楽しくないんですよ。書かなくちゃいけない強迫観念に潰れて。

 

そんな中、天使いっちゃんが

いっちゃん
好きなことを細分化してみれば?
というアドバイスをくれたので自分のマインドマップを作って、かける記事案をリストアップしていくと・・・

 

記事案が出るわ出るわ

 

この、方法を共有しますので、記事案が思い浮かばない人はこれからの記事を読み進めてください!

 

 

スポンサーリンク

マインドマップを作ってみよう

自分の経験や、得意なこと、好きなことや嫌いなことをノートに書いてみよう。

ここはあえて、アナログで。ペンと紙で書いた方がパソコンやスマホでまとめるより、考えがまとまってよりよかった。

誰に向けた記事にできるかなんて考えなくて、とりあえず自分のことを書き出す!

目標を書いてみる

私の目標:ゆりのをコンテンツ化

だから、わたしが経験してきたことや好きなことをこれから記事にしていきたいと考えている。

 

真ん中に自分の目標をかいて、そこから枝分かれをしていく。

 

枝分かれ先

  • 自分の好き・嫌い
  • 得意
  • 経験
  • 書けるもの

 

それから、また細分化▶︎細分化▶︎できるところまで。

 

旅系の記事の場合

  • 旅を通して感じたことを記事にする
  • 旅でのおすすめスポット

という風に2つの視点で書くことができる。

 

一つのコンテンツで何個も書いていい
私はなぜか、一つの出来事を一つの記事という固定概念から、どれだけ行動しても記事の大量生産ができなかった。

だけど、そんなことはなくてどれだけでも増やすことはできることがわかった。

 

細分化したものが記事になる

最後まで細分化できなかった枝の先が自分がかける記事案になる。

自分自身が経験してきたことが記事として書くことができるなら、記事のターゲットは少し前の自分。

 

書くうえで、そのターゲットは1人かもしれないけど、少し前の自分と同じ状況にいる人は少なからずいるから。

 

 

スポンサーリンク



アナログよりデジタルの人

マインドマップをアナログで書くのはめんどくさい人に向けて。

 

XMind(エックスマインド )がおすすめ

 

iOS版あり。スマートフォンでマインドマップを作ることができるよ!

 

 

パッと思いつく人ばかりではない

頭のなかが整理されていないから、ドラえもんの4次元ポケットみたいに中身がごちゃごちゃ。

 

記事が思いつくときと、思いつかない時のムラがすごかったけどマインドマップを作ることで、自分の頭のなかが整理されてスッキリ書くことができた!マインドマップ考えた人天才!

 

自分が書きたいこたがない人は、ありすぎて自分の中でぐちゃぐちゃになっている可能性がありあます。なので、マインドマップで自分の興味があるものの細分化してみるのも一つの手です!

 

 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

高卒で働くのが嫌でフリーランスのブロガーになりました。個人ブログ【うたかたサプリ】を運営/「あなたの毎日を楽しくする」がコンセプトの雑記ブログ。趣味は旅行と映画鑑賞。 詳細プロフィールはWebSiteをクリック↓↓