ネガティブな発信を嫌うネットでの病み(闇)を発信した結果




writer:ゆりの(@yurino_room

 

インターネットってキラキラやワクワクしているもので溢れてる。

そして、私たちが求めているものもきっとそういう部類の情報。

 

どんな楽しいことがあったのか、その情報を使ってどれだけ明るい未来があるのかを受け取る側が理解してその情報に付加価値をつける。

 

ネガティブな情報は基本的にはいらない情報。

見ている方も苦しくなるし、その情報の先に明るい未来が想像できないから。

 

それでもなお、自分の闇(病み)をインターネットで発信してみた。

心の闇を書いたnote>>>演じて、無くなって、わからなくなった

 

 

わざわざ発信しなくてもいいこのネガティブな記事を発信した理由は、

『気持ちを吐き出したかった。』

自己満だーい\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 

 

スポンサードリンク

きっかけになった出来事

 

先に言いますが私はあんまり病まない。

だけど、4月の突然の伸びと進めないといけない企画に板挟みにされて不安で押しつぶされました

 

インドア系の女が突然アウトドアを1ヶ月続けたと考えて欲しい。

もっと簡単な言い方にするなら、 夜型の人が毎朝5時に起きるということ。

苦しさわかってもらえたでしょうか笑

 

ブログを伸ばさないといけない。
世界一周を成功させなきゃいけない。
もっともっと発信しないといけない。
いけない、いけない、いけない、

こんなことで頭がいっぱいになっていたんです。

 

noteにも書いたけど、周りが描いてる私のイメージ。

勢いとノリで生きてる女の子』を体現しようと必死だった。

 

それを発信している自分も自分が演じているキャラの中にいることがわかるんです。

みんなが求めているだろう、勢いとノリで行動力がすごい女の子。

演じているというか、このキャラクターも自分の一部だけどこれがすべてではなくて、画面の奥では批判が怖くておどおどしている私もいるし、うまくは行かなくてうじうじしている私もいる。

演じて、無くなって、わからなくなった。ー引用

 

そんな精神状態で、世界一周の話をした時に

 

『世界一周するのやめたら?』

って言われちゃったわけなんです。

 

 

私のことを考えて言ってくれた言葉で、こうやって自分を見つめ直すきっかけになったのでありがたいことです。

 

でも、言われた時は本当に悔しかったですね・・・

 

自分の核となるもの。
それがないのに、する意味はないと思う。って。

実際に振り返ってみれば、私には核なんてないことに気付かされた。あっても奥深すぎてわからない。

『世界は危ない。それなのに簡単には応援できない。』

略〜

わたしは自分の核となる部分を隠して生きてきた。

いろんなキャラを演じて、自分の素を出すこと、否定されることを怖がって。

自分の核となる部分。
それがなんなのか、自分の内面と向き合うためにこの記事を書いてみた。

 

今、やっと自分と向き合うことができて自分の核となるものはなんなのかを考えています。

ここからが世界一周のスタートなのかなって思っています。

 

 

この記事の反応

 

このツイートは45いいね

いいと思ったのか、悪いとおもったのかなんでいいねを押してくださったのかわからないけど本当に反応してくれるだけで嬉しかったし、それ以上にリプが本当に優しかった。

 


もっともっとリプもきていて、こうやって思ってくれる人がいるって思っただけですごく安心できたし、嬉しかった。コメントが優しすぎて、泣きそうになったから、今はちょっと読めそうにない。いいねだけを押して落ち着くまでみないようにしようと思っている。

 

 

優しい中にも厳しさも・・・

 

リプをくれた方にはとても救われたし、いいねや反応があるだけで嬉しかったです。

 

 

スポンサードリンク

ネガティブを発信しても優しい世界だった

 

きっとこの内面を出したネガティブな記事は『甘えだ』『何を言っているのか』と反発があるかなと個人的に思っていたんですが、そんなことはなく、むしろ励ましの言葉がとても多かったです。

 

それはまだ子供だからという理由もあると思うし、いろんな理由があると思う。だけど、自分が発信したことを受けて入れて、励ましてくれる人がたくさんいることを知れて本当に嬉しかった。

 

これからはまた、元気な私が戻ってきます!

 

もっと等身大の自分に。

もっと自分の内面と向き合える私に。

 

 

私の闇、病みの記事はこちらです。

>>>演じて、無くなって、わからなくなった

 

 










▼この記事をSNSでシェアする▼