ないもねだりからの解放。自分に自信を持つために

writer:ゆりの(@numaru_jp

 

『大学に行きたい。』

このところ毎日思っている。

 

大学に行っていたら、自分が学びたいことが学べていたのに。

大学に行っていたら、友好関係も広がっていたのに。

大学に行っていたら、学歴を気にしなくてよかったのに。

大学に行っていたら、学割があるのに。

大学に行っていたら、普通でいれたのに。

 

そんことばかりが浮かんでくる。

 

これは後悔ではない。

ないものねだりだ。

 

 

スポンサーリンク

ないものねだりは終わることがない

 

人生を振り返ってみると、わたしは常に無い物ねだりと共存していることに気がついた。

友達が持っているゲーム機はわたしも欲しい。

『みんな持っているからわたしも欲しい。』と言っていたがみんなとは2人ぐらいなこともよくある笑

 

もっとほっぺの肉がなかったらもっとまともな顔だったのになんて何百回も思ったし、歯並びがよかったら横顔がまともだったのにとも思った。

 

そして今も、ないものねだりは続いていく。

 

 

自分を否定し、人と比較することから始まる

無い物ねだりをしているわたしはいつも自分を否定していた。

他人と比べて自分を下げて、自信を無くして否定して。

 

今の自分に自信がないから無い物ねだりをするんだ。

 

 

無い物ねだりをしてる時は今の自分とみきあっていない。

あればきっと今の自分よりいい自分がいると思っているから。

 

それはきっと幻想で、今の自分を否定しているかわいそうなこと。

 

 

コンプレックスをポジティヴに!

自分の嫌なとこ=コンプレック

自分のコンプレックスを好きになってみる。

 

 

ツイッターでこの曲を知った。

 

自分のコンプレックスを個性として可愛いと言うのだ。

そして、ミュージックビデオの始まりには『コンプレックスは、アートなり。』と書いている。

 

衝撃だった。

コオの曲を聴いてないものねだりで自分を否定するより、肯定した方が心が楽になることに気がついた。

 

 

自信が付くような結果を出す

自分に自信をつけるようになるには自信がつくぐらいの結果を出すしかない。

これが手っ取り早い方法。

 

結果を出すには毎日の継続が大切。

 

自分が大学に行っていないという学歴コンプレックスは、自分が仕事で成功を収めればきにすることもなくなるし、大学に行きたかったというないものねだりはなくなる。

 

わたしはフリーランスとして成功することが1番簡単なコンプレックスを解消する方法なんだ。

 

そうしてわたしは目標を決めた20歳までにブログで月に10万円を稼ぐ。

20歳までには自立していたい。1ヶ月にバイトで稼げる値段が10万だと考えてこの目標。

20歳まで9ヶ月。時間はない。

 

ブログも不定期で書いているわたしは目標を決めても達成する見込みがないほど意思が弱い。

だからわたしは、グループに入ることにした。

 

週5でブログ更新するグループだ。

[blogcard url=”https://naoyasu.net/entry/blogmenber”]

 

ここで、書かなければいけない環境にした。

もう逃げられない。

 

ないものねだりからの解放。

自分を肯定するための自信を手に入れるため。

これから、20歳まで全力で駆け抜ける。

 

スポンサーリンク







ABOUTこの記事をかいた人

高卒で働くのが嫌でフリーランスのブロガーになりました。個人ブログ【うたかたサプリ】を運営/「あなたの毎日を楽しくする」がコンセプトの雑記ブログ。趣味は旅行と映画鑑賞。 詳細プロフィールはWebSiteをクリック↓↓