MacBookのキーボードが壊れたらAppleCareがなくても“無料”で交換してくれるよ




以前に書いた『MacBookのキーボードが不調。スペースキーを外して掃除をしてみたら改善した。』記事

この記事の後に、スペースキーが壊れました笑

 

なので最終手段のAppleのGenius Bar(ジーニアスバー)にMacBookを持っていくことに。

 

最初に結論を書くと、無事に“無料”でスペースキーを交換してもらえました!

どのような手順で交換したのかを詳しく書くので、同じ状況の人は参考にしてくださいね笑

 

 

スポンサードリンク

Genius Bar(ジーニアスバー)ってなに?

MacBookのキー(トップ)を壊してから、直す方法を探していると『Genius Bar(ジーニアスバー)に持って行こう!』と書かれている記事がたくさんありました。

ゆりの
Genius Bar(ジーニアスバー)ってなに?
って思いながら調べてみると

 

Genius Bar(ジーニアスバー)とは

Apple製品のサポートをしてくれるサービス。

 

全国にあるApple Store(札幌、仙台、銀座、渋谷、表参道、名古屋栄、心斎橋、福岡天神)内に、専門スタッフがいてApple製品の対応をしてくれます。

修理になるのか、すぐに対応してくれるのかは持っていって確認してもらえますよ!

 

Genius Bar(ジーニアスバー)の予約方法

Genius Bar(ジーニアスバー)は、予約をしてから行くのがおすすめです!

 

Genius Bar(ジーニアスバー)の予約方法

  1. アップルサイトのハードウェアのサポートを依頼する
  2. Mac、ハードウェア、持ち込み修理を選択
  3. アップルにサインイン
  4. アップルストアと日程・時間を選択する
  5. 予約完了

予約自体は10分程度でできるので、早速予約してみましょう!

 

予約方法1、アップルサイトにアクセス

上のサイトにアクセスして、Genius Bar(ジーニアスバー)を予約をします。

サイトのしたにスクロールすると、『ハードウェアのサポートを依頼する』があります。

ここをポチッとな!

 

予約方法2、Mac、ハードウェア、持ち込み修理を選択

自分が修理してもらいたいアップル製品を選択します。

今回はMacBookのキーボードが壊れたので、Macを選らんでください!

 

キーボードはハードウェアなので『ハードウェアの問題』を選択してください。

Genius Bar(ジーニアスバー)では、たくさんサポートをしてもらえます。

 

これは、Genius Bar(ジーニアスバー)に持っていくので、『持ち込み修理』を選びます。

Apple Storeが近くにない場合は、ここで電話やチャットを選べば丁寧に対応可です。

 

予約方法3、アップルにサインイン

アップルにサインインします。

 

予約方法4、アップルストアと日程・時間を選択する

アップルストアを選んで、自分の空いている日時を選択します。

ゆりの
早く予約すると、当日でも予約できる可能性があるよ〜

 

予約はすぐに埋まってしまうので、時間が空いていない人は、早めに予約しておくことをおすすめします。

 

予約方法5、予約完了

予約が完了すると、予約番号、名前、日時が表示されるのでスクリーンショットやメモをするかしておきましょう。

ゆりの
予約番号はあまり必要ないんだけど、一応保存しておこう。

 

スポンサードリンク

キーボードを無料で修理してくれる

結果から言うと壊れたMacBookを持っていくと『キーボードを無料で交換』してくれました。

ゆりの
自分で触って壊したものなので対応してもらえないと思ってたけど、さすがApple!!!

 

渡して10分くらいで対応してもらいました!

 

AppleCareがなくても対応してもらえたよ!

MacBookを購入するときにAppleCareを付けれるんだけど、私はケチってつけませんでした笑

だから、今回のキーボードも無理かなと思っていたけど、対応可能でした〜

 

Apple神!Apple神!(こうして信者が生まれた)

 

対応するキーボードがない場合に

無料で交換してくれたけど、スペースキーだけ種類が違うものになりました。

 

私の購入したものは2017年のMacBookPro。

交換してもらったのは、2018年のキーボードになりました。

 

少し浮く感じがするんだけど、 使えるだけで感動。

もう言うことはないです!!

 

スポンサードリンク

MacBookのキーボードが壊れたらGenius Bar(ジーニアスバー)へ!

MacBookのキーボードが壊れたらGenius Bar(ジーニアスバー)に行くことをオススメします!

ゆりの
自分で修理して壊れると使えなくなるから注意!

 

Genius Bar(ジーニアスバー)が近くにない場合は、自分で直すのもアリですが気をつけてくださいね。修理方法は『MacBookのキーボードが不調。スペースキーを外して掃除をしてみたら改善した』の記事に書いています!

 

壊れやすいので、自己責任でお願いします。

 

ゆりの
Appleはやっぱり神だね。

 

 

 

関連記事▼

MacBook ProのC端子にUSBを接続できる使えるハブを紹介します

MacBookのキーボードが不調。スペースキーを外して掃除をしてみたら改善した

 

 

この記事を書いたゆりののSNS▼

Twitter:@yurino_room

Instagram:yurino_mag

 

 

▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高卒で働くのが嫌でフリーランスのブロガーになりました。個人ブログ【うたかたサプリ】を運営/「あなたの毎日を楽しくする」がコンセプトの雑記ブログ。趣味は旅行と映画鑑賞。 詳細プロフィールはWebSiteをクリック↓↓