検索よりインスタグラムのタグ検索を使って旅行先を決める




writer :ゆりの(@yurino_room

旅や旅行をするときの情報収集をする方法がここ最近で変わっています。

国内外の観光地や美味しいランチを調べるときに使っているのがインスタグラム。最近では検索すらしていなくて、インスタグラムの中だけで完結できるようになりました

どうして、旅や旅行・観光をするときにインスタグラムを使って調べるようになったのかをまとめます

 

 

スポンサードリンク

検索はありきたり観光スポットしか出てこない

例えば『岡山 観光』と調べると

写真のように、観光地がずらっと出てくるだけなんですよね

行きたいのはもっと、地元に馴染んでいる場所でコレジャナイ感が出ちゃうんですよ……

 

逆にインスタグラムで『#岡山』とタグると

*タグるとは...
SNS上でハッシュタグ(#)をつけて検索すること

さっきと違うことがわかります!

 

Instagramは観光した場所の写真をポスト(投稿)してくれているので、検索で調べた観光地より、はるかに若者向けのおしゃれで可愛いとこと場所がたくさん出てくるんです

 

 

検索しなくても情報は全てインスタグラムに

インスタグラムには写真を投稿するときに現在地をつける機能があります。

タイのナイトマーケットと言えば。 タイの観光地の一つ。 インスタでもよく見るカラフルなテントのナイトマーケットってどこなのか。 ズバリ《タラートロットファイラチャダー》 ⚫この写真を撮るには ほぼほぼ誰も乗っていない地下鉄に乗ってタイカルチャーセンター駅からショッピングセンターの立体駐車場へ。 この写真は5階から撮影しました。 ショッピングセンターからナイトマーケットまではすぐつきますよ!! ⚫ナイトマーケットについて どこでもそうだけど、“観光地は高い” だけどナイトマーケットは食べ物が安い!!! 味も美味しいし、安い!本当に最高! 🚨ココナッツジュースは個人的に苦手。 インスタ映えを狙って買うのはいいけどちゃんと飲めるかは疑問。 ナイトマーケット物価問題!! お土産に関しては高い。 魚のサンダル買おうとしたら900円とか言ってたからね。絶対に300円ぐらいが妥当でしょう!! 値下げしてと言っても相手にされなかったから観光客なれしてるタイ人は強敵だ。 ナイトマーケット迷子問題!! 1人で探索してたらいつのまにか迷子になってた。 同じような道ばっかりで覚えられない! 友達と行くならはぐれないようにしようね! 単純にわたしが方向音痴なだけかもしれないけど。 すごく楽しいからぜひ行ってみてね!!! #タイ観光 #タイ旅行 #バンコク旅行 #ナイトマーケット #女子旅行 #海外旅行大好き #海外旅行好き #海外行きたい #タイ料理 #東南アジア #タラートロットファイラチャダー

Yurinoさん(@yurino_mag)がシェアした投稿 –

写真の上にお店の名前をタップすれば、地図も一緒に出てきます。検索をしなくてもインスタラムで完結しているんですよね

値段などの情報も写真や文章から知ることができます

 

飲食のお店だと、最近では食べログさえ見ていません。食べ物の味の評価よりかは、見た目の良さが重要になっているからです

もちろん、美味しいに越したことはないので、写真とともに書いてある文章を読んで行くかどうかの判断基準にしたりしますけどね( ´ ` )

 

 

スポンサードリンク

写真は非言語なので視覚的にわかりやすい

写真は文字ではないので、目で見て伝わる情報がたくさんあります。

お店の雰囲気
何を売っているのか
綺麗か

目で見て直感的にInstagramはわかります

 

海外に行くときでも、英語のキャプション(文章)が書かれていたとしても大丈夫!

 

写真からわかることもたくさんあるし、位置情報がつけられていたら

  • 住所
  • お店の名前

もわかります

 

このホテルはインスタグラムで見つけた後に検索をかけてTripAdvisorで値段を確認しました。



 

 

ニッチな場所を見つける可能性

旅や旅行の理由って人によって変わってきます。

わたしの場合だと
観光地よりかは、季節の花が綺麗に咲く場所に行きたいし、
可愛くて、美味しそうなデザートを食べに行きたい

検索では簡単に見つけられないようなところが、インスタグラムだといいねの数などですぐにみつけられます

 

このような理由で、若い人の求めている場所がインスタグラムですぐに探せます。

SEOに適した記事の制作とともにインスタグラムを含むSNSに力を入れないといけないですね。

 

関連記事▼

海外でインスタグラムなどのSNSを使うにはグローバルワイファイがオススメ

 

 

この記事を書いたゆりののツイッターはこちら▼

 

 










▼この記事をSNSでシェアする▼