ブログを学びに行ったのにネットが嫌いになった1ヶ月間の葛藤【田舎フリーランス養成講座】




writer:ゆりの(@yurino_room

田舎フリーランス養成講座という、1ヶ月間田舎でみっちりフリーランスのことを学ぶ講座が千葉で行われている。

 

元々、ツイッターでこの講座を知って、なんども参加しようと思ったが申し込む勇気がそのときにはなかった。

 

数ヶ月がすぎて、自分のブログの基礎が出来上がり、やっと自分というものがネット上で確立してきた頃合いに、やっと申し込む勇気が出てきた。意外と私が小心者だということがわかるよね笑

 

でも、申し込む頃には、いろんな人のセミナーに行ったり、会ったり、なんやかんや、わからないことはインターネットで調べ尽くしていた。それが田舎フリーランス養成講座で病んでしまった原因の一つでもあるんですが。

 

 

 

スポンサードリンク

田舎フリーランス養成講座になんで参加したの?

私が田舎フリーランス講座に参加しようと思ったきっかけは

  • ブログの基礎を学ぶため
  • フリーランスとしての同期(仲間)を見つけるた

と言っていたけど

 

実際のところは

行かなきゃいけないとという使命感。

意味わからないと思うけど、行かなきゃいけないと思っていた。

 

自分がフリーランスとして活動する上で、田舎フリーランス養成講座は行かないといけないところ。そんな方式が自分の中で出来上がっていたんです。

 

私の行動パターンは、完全に直感とノリでできていて、深くは考えずに何事も挑戦したり発言したりしています。それは、いいことに転ぶときもありますが、自分を苦しめたり、人を困らせてしまうときもあります。(基本的に、困らせたり怒らせてしまうことが多いので、ちゃんと考えて行動・発言しなければいけないと思っています。)

 

そんな感じで、私は謎の使命感によって田舎フリーランス養成講座に参加することにしました。

 

 

目的がないことで講師陣・メンターを困らす問題児

 

ちゃんとした目標がなかった私は初回の面談でメンターを困らせまくるという問題児でした。

 

ブログの基礎を学びにきた。と言いつつ、少しばかり稼げているし、文字の装飾やサイトのデザイン、アイキャッチの設定、基礎的なことはわかっていた。

 

フリーランスの同期(仲間)を作るという目標は時間が解決してくれるはず。

 

そう、私にはすることがなくなってしまったんです。

 

ひたすらブログをかくのみ。書いて書いて書いて。添削してもらって。

 

って私ができるはずがないんですよね笑

 

私のブログを書くエネルギーは自分の感情が書きたいボルテージがマックスにならないといけなくて、その書きたい欲が田舎フリーランス養成講座の時点では半分以下、むしろほぼ0に近いぐらいの不調だったんです。

注意

今思えば、なんでそこまで発信ができなかったのかが不思議です笑

でもその時は、完全にネットと向き合うことを拒絶していました。

 

そんなときに、自分に新しい目標を作れば自分の中にやる気のスイッチがつくはずだと思って、ライティング5万円という目標を付け加えました。

完全に、ライティングには興味がないながら、数字を目標にすることで達成欲が刺激されるかなと。ここでも何も考えずに発言したことで、自分の首を締めることになるとは思ってもいませんでした

 

 

クラウドソーシング不適合問題

自分が決めたライティング5万円。

 

メンターに提案10個と言われるも6個しかせず、提案するも文字単価1円以上でなく辞退。何個か文字単価1円以上、2円以上の案件もゲットしたが、乗り気ではないという理由で全て辞退する。

 

自分のしていることが意味わからない上に、メンターに注意を受けて、困らせる。

 

私はブログの知識を学びたくて来ているのに何をしているのかわからずに、ライティングから逃げてサイト制作をしようとする。

 

サイト制作( ゚д゚)

 

なぜか、私はライティングが無理ならサイト制作ならできるかもしれないという謎の思考になってしまっていた。

 

メンターにライティングはできないからサイト制作をしますと言った30分後

 

 

・・・

 

 

サイト制作を諦める/(^o^)\

 

 

こうして、自分の病みのスパイラルに陥っていくようになる

 

 

スポンサードリンク

ブログがかけなくて自己嫌悪に陥る

5月に入ってから私はブログがかけなくなっていました。なんでかわからないです。もう、自分の感情の起伏が激しすぎて自分でもついていけなくなることがよくあって笑

いなフリ期間中も私の書けない病み病みの期間は続いていて、みんなが頑張っている間、私は空を眺めたり海を眺めたり頭の中空っぽにしてる期間が多かったように感じます笑

 

こんな恥ずかしいツイートをしてしまうぐらい病んでいたのです

 

それから、自己嫌悪が始まって、ブログを書けないことが圧になる。どんどん、自分が記事を書けないことが苦しくて、フラフラして、周りの人の迷惑になってるんじゃないかと考え出して、とうとうインターネットが嫌いになっていきました。

 

何も手につかない状態。今考えるとなんでそこまで何事にもやる気が出ていなかったのかわかりませんが、そのときは完全に思考停止していました。

 

 

天職DIYに出会う

私の気分転換はワークショップ

ネットから離れた世界。田舎の中で体を動かす。それをするだけで心が落ち着いた。

それでも、自分はなんのためにこの田舎フリーランス講座にきたのかを自問自答することは多くて、自分に対しての自己嫌悪は治ることはなかった。

 

田舎フリーランス講座に参加する前から、DIYには興味があって

  • まるもの屋根のペンキ塗り
  • 漆喰塗り
  • 薪割り
  • ウッドデッキ作り

参加できなかったワークショップもあるけど、大体は参加しました。


作業をしているときは本当に楽しくて、これが天職なんじゃないのかと思うほど熱中していた。途中はネットなんてどうでもよかった。発信力ってなんだろう、ツイッターをする意味とは?謎に批判されるし、怖いこと多いし。

 

完全にネットから離れて何かに没頭している時の方が自分にはあっているんではないかと思うようになっていきました。

 

漆喰塗りの記事はこちら▼

【体験談】漆喰塗りは初心者でも簡単!古民家リノベーションに初挑戦

 

この記事のタイトルもSEOが苦手な私に、15期のみんなが一緒に考えて付けたタイトルなんです笑

 

 

スポンサードリンク

自己理解で自分のことが断片的にわかってくる

自己理解の講座でわたしは性格に二面性があることを知りました。

よく矛盾したこと言ってるなって思ってたけど、性格に二面性があることがデータを通してわかったんです。


アクティブな自分と内向的な自分が半分わたしの中にいて、その2つの性格がお互いに足を引っ張り合っている。

 

それでも、2つの性格が悪いことばかりではなくて、切り替えができるようになればその場に応じた対応ができるようになると教えてもらえました

 

二面性のある性格についても記事にしています▼

自己理解の面談を受けたら正反対の性格が2つあってそれが悩みの原因だった

 

 

自分のこの性格が本当に不思議で、なんでいろんなことに挑戦したいのに、めんどくさいと思う自分がいるのか。

 

どうして、走り抜けたいのに慎重になっている自分がいるのか。

 

もう、自分が自分でで理解できなくて、たくさん苦しんできました。

この自己理解の講座で、自分のことが少しわかったような気がして面談の時に泣いちゃってました

 

 

みんなから褐を入れてもらう

田舎フリーランス養成講座に来てまで何もしていない自己嫌悪で、講座に参加するのも嫌になっていた最後の1週間

 

その頃には、いなフリ参加者はもちろん、まるも界隈の人たちとも関わりができていた

私の中で未来のビジョンは描けなくて、「これからどうするの?」と聞かれても、「どうにかなりますよ♪」としか答えることができなかった

・・・

と言うより、どうにかなると本気で思っていたし、思っている

 

いなフリの最終日が近い、ある夜。
今後どうするの?という話題が話に上がった

 

いなフリの同期は、近い将来ではあるがちゃんと自分の言葉で話しているのに、私は今日も『どうにかなります』で逃げてしまうのかと思うと、その場から動けなくなっていました

 

トイレに行くふりをして、そのままシェアハウスに戻りたい

この場から、どうにかして去るために何ができるかを、いなふり期間中に使わなかった脳みそをフル回転に使って考えたけど、逃げたらダメと言う結論に

 

『ゆりのは今後どうするの?』

 

自分の順番に回ってきた

 

 

ゆりのコンサルされる

案の定、私は答えられずに「どうしましょうか笑」なんて答えてみる

 

私が世界一周することは、周りにいた人は知っている状態だ

うまく答えれずに下を向く。計画を立てるのが本当に苦手で、むしろ、将来なんて考えたくない部類だから

 

そして、言われたのが『とりあえず記事を書こう』ごもっともな意見でございます。本当に記事が書けなかったからダイレクトに言葉が刺さる

 

『今、ゆりのはボーナスタイムの中にいるんだよ。19才で世界一周。これが20才だったら全然違う。発信しまくろう!とりあえず1日3記事ね』

 

その時の私のことを考えると、恐怖で笑顔が引きつっていることでしょう。1日3記事って!今、全く書けていない状況なのに!

 

だけど、それと同時にボーナスタイムだってことは自分でもわかっていて、それを後押ししてくれていると思うと自分の中のやる気の炎がふっと灯って、「記事を書きたい」といつの間にかスイッチが切り替わっていた

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

田舎フリーランス養成講座を受けて

この記事はは、あくまでも田舎フリーランス養成講座15期生としての感想で、全ての講座で当てはまる訳ではない

 

元々は、4月の海外フリーランス養成講座に参加する予定だったけど、ブログを学びたいからと(海外フリーランス養成講座は主にサイト制作)田舎フリーランス養成講座に変更

 

4月か5月で迷った末に、5月は沖ケイタさんがくるということを決め手に私は15期生として参加することになりました

イカさん(15期の講師・メンター)が書いた記事を読んで、今回の15期生はガチとそうでない人とが別れていると書いてあった

 

イカさんの記事はこちら▼

【いなフリ講師体験記②】いなフリとはなんぞや?と考え続けた2回目の4週間

 

そう、私はガチではない人の部類に入るでしょう

 

これに関しては、自分でも反省していて講師陣には手のかかる問題児だっただろうし、15期のみんなには常にしゃべているうるさいやつだったはず

 

こんな私を受け入れてくれたのは15期だったからだと思うし、本当に感謝している。でも、ガチではない私の感想はガチで自分と向き合った1ヶ月だった

 

ブログを学びに千葉県の田舎に行って、ネットが嫌いになり、逃げて、それでも後押ししてくれる15期生や講師・運営さん・まるも住人の方々

ブログに関してもたくさん学び、それにプラスして自分と向き合うことや人間関係、DIYや音楽の楽しさ、ごちゃごちゃしてるけど意味わからないほど濃い1ヶ月だった

 

 

親愛なるメンター

私のいなフリは遅刻から始まった

神奈川県のフェリー乗り場まで行くバスを乗り間違えて、意味のわからない山に降ろされ、同じく間違ってバスに乗っていたタイの人と一緒にフェリー乗り場まで爆走しながらキャリーケースを引っ張る

 

フェリーに乗れたのはいいけど、迷子になりつつついた時には5分遅刻

 

みんなの目線が怖いし、1人でめっちゃ汗かいてるし

講師の自己紹介終わってるし・・・

 

とりあえず、早めについて友達を作ろう作戦は失敗したし。

 

最悪のスタートだった

 

 

これから、自分のメンターが発表になった時に驚いた

私の担当はカルロスさんになっていたから

だって、ブログが学びたいです!って言っていたからケイタさんになるものだと思っていて・・・

 

だから、最初は病んだ。正直、病んだ。

 

最初の面談もなんとなくで終わったし、1ヶ月不安で死にかけた

 

「ブログ頑張るならケイタ君のグループに入れてもらいなよ〜」なんて言われた日には、「まじか、泣くよ」って思ったし

 

一周目の週末にはバトルを繰り広げてしまったし

 

なんなら、最後まで色々あった。

 

だけど、振り返ってみるとルロスさんがメンターでよかったですし、最高のメンターです

 

ブログしか稼ぐ方法がないと思っていた私に、リアルビジネス、というか信頼で成り立っている仕事があることを教えてくれました

 

何度かぶつかることもあったけど、それでも1ヶ月間サポートしてくれたおかげで途中で帰ることもなく最後まで続けることができたと思っています笑

 

\\カルロスさん大好き//

 

 

これから参加する人へ

この記事は田舎フリーランス養成講座の個人的な感想にすぎないので、これから参加する人が見るかよくわからないのですが・・・

 

私がアドバイスできるのは1ヶ月楽しんでくださいということ

 

悔いの残らないように毎日を精一杯本気で楽しんでください

 

こんなことを書くと怒られそうだけど、楽しいという感情が継続には必要不可欠なはず

 

コードも記事を書くのも、デザインを作るのも、なんでも自分が楽しいと思っていたり、長時間していても苦ではないから続けられるのでは?

 

それなら、楽しむのが一番です

 

私は田舎フリーランス中に楽しめない時がありました。それは記事をかけない自分を徹底的に否定し続けていたから

 

それでも、自分をキープできていたのは、同じ15期のみんなや講師・メンターのみなさん、まるも界隈の仲良くなった人たちと過ごす時間が楽しかったから

フリーランスとして独立するのに

  • サイト制作
  • ブログ
  • デザイナー
  • ライター

以外にももっとたくさんの選択肢はあるはず

 

  • カメラマン
  • フィルムメーカー
  • イラストレーター

その他・・・

自分が楽しいと思えるものをいなフリ期間中に見つける作業をしてもいいのではないでしょうか

 

できること、できないことを知るのもとっても重要なことです

 

私は、クラウドソーシングが苦手ということ、やっぱりブログが大好きなこともわかりました

 

元から自分が出来ること、続けられるっことがわかっている人は、それを1ヶ月間楽しめばいいし

 

0からスタートする人は色んなことに挑戦して自分にあっている楽しいを見つけたらいいのではないのでしょうか

 

 

最後に

長くなりましたが、私は謎の義務感によって田舎フリーランス養成講座に参加したせいで、1ヶ月間迷走し続けました。

 

インターネットは嫌いになるわ、発信はしないわ、DIY大好きになるわ。

 

もう、1ヶ月の生活がカオスすぎてまとめるとよくわからないんですけど、今の私に残っているのは、最高に濃くて、楽しかった1ヶ月だったこと

高校で終わってしまった学生生活を、もう一度体験できたぐらいのレベルの青春を味わったように感じます

 

今は目標ができました。

  • 金谷に戻っていなフリに関わりたい
  • 世界一周するまでのボーナスタイムを使い倒す
  • DIYで家具を作る
  • シェアハウスを運営する

 

やりたいことリスト100に追加しないとね笑

 

これからも、フリーランスとして活動をし続ける上で、この田舎フリーランス養成講座に参加できてとてもよかったと思っているし、やっぱり、私の謎の義務感は正解で参加しなければいけなかったことだと思えるようなところでした

 

15期のみんなは、それぞれバラバラになってしまったけど、またあった時にパワーアップした姿を見せたいから、これからも私は発信をしていこうと思いました

また、どこかでみんなと会えたらいいな

その時には、どんなにレベルアップした人たちになっているのか今からワクワクしています

 

 

読んでくれてありがとう!

 

 

素敵な写真を撮影してくれたのはかんちゃん

いなフリ15期のメンター・講師をしていた、かんちゃん(@wemmick03 )が思い出を写真に残してくれました!

 

受講生に対して一人一人と向き合う姿は、すごいの一言。

 

1ヶ月間、サポートありがとうございました!
素敵な写真も撮っていいただきありがとうございました

 

かんきさんのブログ▼

うぃみっく村

 

かんきさんのTwitter▼

@wemmick03 

 

 

 

 

ゆりののツイッターはこちら(フォロー歓迎)

@yurino_room

 

 

スポンサーリンク







▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高卒で働くのが嫌でフリーランスのブロガーになりました。個人ブログ【うたかたサプリ】を運営/「あなたの毎日を楽しくする」がコンセプトの雑記ブログ。趣味は旅行と映画鑑賞。 詳細プロフィールはWebSiteをクリック↓↓