フリーランス・フリーターは入居審査に落ちる?初めて賃貸を借りる人向け【体験談】

日本各地をフラフラしながらの生活を1年間続けたわたしですが、ついに賃貸を契約することになりました!

1年間の間、なぜ賃貸を借りずにフラフラしていたのか。

それは、いろんな土地で暮らしてみたいという気持ちと同時に、フリーランスだと賃貸の入居審査に落ちるに決まっているという偏見からでした笑

今回の記事では、フリーランスのわたしが入居審査に通るまでの流れを紹介します。

フリーランスやフリーターで、家が借りれないと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

正直、入居審査はすんなり通ることができましたよ!

スポンサードリンク

入居審査とは

入居審査を実際にする前は、大家さんからの収入の確認や貯金をきっちりみられて、フリーターは問答無用で落とされる恐怖のシステムだと思っていました笑

大家さんが入居審査をする場合もあるらしいですが、大体は不動産管理会社がするらしいです。

ゆりの
わたしの場合は、賃貸保証会社の審査のみでした。

審査でみられるのは、『支払い能力があるかどうか

家賃の値段と収入が釣り合っていたら、そこまで気にしなくていいと思います。

フリーランスでも賃貸を借りれるか

フリーランスでもある程度の稼ぎがあれば賃貸は借りれると思います。

ゆりの
わたしは、バイトをしていたのでフリーターとして審査を受けました。

賃貸保証会社の審査はだいたい、以下のことを記載しました。

  • 名前、年齢、生年月日
  • 住所
  • 職場の住所、電話、勤務年数、年収
  • 同居人の名前、年齢

勤務年数が1ヶ月未満のわたしも通ったので、勤務歴が少ない人も悩まなくても大丈夫だと思います。

わたしが賃貸契約をした不動産会社がエイブルです。

エイブルの担当者さんに提案してもらったのが、エポスの賃貸保証とcasaの賃貸保証。「どちらか落ちれば、もう一つの方で契約しましょう。」とのことでした。

結果、1つ目のエポスで審査が通りました。そこまで、賃貸保証会社の審査は厳しくない印象です。

審査で準備したもの

賃貸保証会社の審査を受けるには準備するものが必要です。

  • 印鑑
  • 住民票(同居人も)
  • 給与証明書
  • 免許証

忘れずに持っていきましょう。

スポンサードリンク

審査が通るまでの時間

入居審査が通るまでの時間は、1週間くらいでした。

内見に行った時に伝えてもらったので、もっと早かったかもしれないです。笑だいたいこのくらいと思ってくれたらOKだと思います。

不安に思う人は、不動産に審査結果を連絡してくださいと伝えておくのがいいです。

家を探すのに使うおすすめサイト

自分にあった家を探すのって重要です。

いきなり不動産に行くよりも、事前にお家をネットで目星を付けてから不動産に行く方が、時間もかからずに済みます。

わたしが家を探す時に使っていたサイトは2つだけ。

他にも賃貸を探すサイトはあるんですが、使いやすさはこの2つです。

スポンサードリンク

最後に

フリーランスやフリーターは、賃貸を借りれないと思っていましたが、すんなり借りることができました。

無駄に怖がっていただけでしたね……笑

審査も、賃貸保証会社がするもので、基準は『家賃の支払い能力があるか』なので、家賃と収入が釣り合っていたら契約することができると思います。

』なので、家賃と収入が釣り合っていたら契約することができると思います。

そこまで怖がることはないので、賃貸を借りようと考えている人は、1度不動産会社に行ってみることをおすすめします!

▼この記事をSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

高卒で働くのが嫌でフリーランスのブロガーになりました。個人ブログ【うたかたサプリ】を運営/「あなたの毎日を楽しくする」がコンセプトの雑記ブログ。趣味は旅行と映画鑑賞。 詳細プロフィールはWebSiteをクリック↓↓