【体験談】渋谷のフリーハグに目的なし・女の子ひとりで挑戦してみた感想

writer:ゆりの(@yurino_room)

 

渋谷でフリーハグするぞー!

と勢いで準備をしたはいいものの

  • 緊張して上げられない
  • 女子ひとりですることへの不安
  • 人が来ない

という葛藤から始まったフリーハグ

 

そして実際に体験してみて感じたこと、思ったことをまとめてみようと思います!

 

 

スポンサードリンク

Free Hugs(フリーハグ)とは

フリーハグ街頭で「FREE HUGS」と書かれたプレートを掲げ、見知らぬ人々と、ただハグ (抱擁) する活動。抱擁することで、苦しみや、悲しみを少しでも和らげ、楽しさや幸せを分け与え、その素晴らしさを他の人々にも伝えてくという目的があるとされている。

コトバンクから引用

アメリカから始まってインターネットを通じてフリーハグが世界中に広がりました。日本ではフリーハグの意味よりかは、することが目的になっている人が多いでしょうね〜

 

わたしも知らない人とハグをすることで、苦しみや悲しみを和らげよう!なんて思ってもいなかった

 

単純にフリーハグというものに興味があって、フリーハグをしている人のがどのような心境でフリーハグをしているのか。というところの方に興味が沸いていた

 

 

フリーハグになんで興味出たのか

もともとユーチューブを見るのが好きで、フリーハグを知ったきかけは、mimeiさんの動画

知らない人とハグするって活動があることを初めて知った。

その時のわたしには衝撃的で、数年経ってユーチューブの関連動画をみているとフリーハグの動画に。自分もしてみたいと思い始める。

 

↑この動画

 

この動画みたいに何かを訴えるようなことをしたいとは思っていなかった。単純にフリーハグというものに興味があった。

 

 

スポンサードリンク

フリーハグって言ったら渋谷!

東京の友達と遊んでいた。

新宿で待ち合わせをして、東京観光。

 

することもなくなって渋谷に行くことに。そこで、フリーハグのことを思い出す。

 

やろう!

ナゼ・・・

 

フリーハグっていう文化は基本的に田舎では受け入れられない。するなら都会ですると決めていた。そして、渋谷はナゼかフリーハグしている人がいるイメージがあった。

 

急いで渋谷のロフトに行って画用紙とマーカーを買う。

created by Rinker
¥500 (2018/10/17 01:00:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZEBRA(ゼブラ)
¥274 (2018/10/17 01:00:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

友達に買ったばっかりの画用紙にマーカーで『Free Hugs』と書いてもらう。ここまで数十分。すごいスピードで用意していた笑

 

 

『Free Hugs』の文字を出すまでの勇気

準備万端。あとは出すだけ。

 

・・・

 

 

 

うん、出せない。

 

 

だって、普通に『Free Hugs』ってやばいよね笑
知らない人とハグってwww

 

 

ナゼか画用紙を出す前に冷静になってしまった。

ここからは、葛藤が始まる。

 

天使

『フリーハグ』を今しなかったら一生しないよ。

こんなノリができるのは若い時だけだから、挑戦して見たら?

 

悪魔

え、普通にやばくない?

フリーハグって日本じゃ変な人だよ。

 

天使
ここまで来て、準備をしてやめるってダサくない?

 

悪魔

ここでやめれば、黒歴史を作らなくてすむよ。

 

天使
わたしのことなんか誰もしらないんだからやればいいじゃん。

 

悪魔

ツイッターとかに写真撮られて上げられそう。

 

 

 

こんな悩みを永遠に繰り返し、なんと1時間も悩んでいた。

 

 

スポンサードリンク

やっとフリーハグを始める女

とりあえず、袋から画用紙を取り出す。

文字を書いた方を外側に回す。

胸の前に掲げてみる。

この順番でやっとフリーハグが始まる。

顔が引きつってる。

 

最初は全く持って人が来ない。っていうか、目を合わせてくれる人がいない。

 

「フリーハグしてまーす」なんて言えばいいのか。黙ってたっとけばいいのか。

 

何もわからず、ただ微笑みながら立っていたwww(恐怖w)

寂しく一人でたちすくす。

 

数分経ったら、若い女の子が「頑張ってください!!」ってハグしてくれて。

あ、やってよかった。可愛い。癒される。

と幸せで、溢れた。

 

海外の人もハグしてくれた。

男性の人も、気を使いながらしてくれた笑

 

茶化しで男の子が動画回しながら来た時は

やっぱり、フリーハグは馴染みがないことなんだと実感。

 

でも基本的には、優しい人が東京にはたくさんいるんだなって思えた。(東京は冷たいという偏見の塊みたいな女だった。)

 

 

スポンサーリンク



フリーハグの感想

フリーハグをするまでに1時間

フリーハグをしていた時間は30分という、小心者のわたし。

 

ハグした人は10人ぐらい?

だいたいみんな「頑張ってください」って言ってくれる。それだけで、嬉しかった。

 

だって知らないわたしにハグして応援してくれるってすごくない?

 

 

フリーハグから学んだこと

 

  • フリーハグは日本には馴染みがない。
  • ハグすると心が安らぐ
  • 優しい人がたくさんいる
  • 笑顔になれる
  • 体験することはお金には変えられない

 

自分がしてみたいと思ったことは絶対に挑戦した方がいい!

 

経験はお金には変えられない財産になる。

 

やらずに後悔より、やって後悔!

 

もし、あなたが『フリーハグ』に興味があるなら

ぜひチャレンジしてみて!

 

『Free Hugs』と書いて掲げるだけ。

 

少しの勇気で、人の暖かさを知れるから。

 

 

関連記事>>>ヒッチハイクで大阪から鳥取(米子)までの私のやり方

 

そんなわたしのツイッターはこちら▼










▼この記事をSNSでシェアする▼

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    高卒で働くのが嫌でフリーランスのブロガーになりました。個人ブログ【うたかたサプリ】を運営/「あなたの毎日を楽しくする」がコンセプトの雑記ブログ。趣味は旅行と映画鑑賞。 詳細プロフィールはWebSiteをクリック↓↓