大手キャリア(ドコモ)3つのメリットと格安SIMでの代替案の紹介!

こんにちは、なる(@oyasumi0s)です!

毎月の固定費。スマホの通信費が高くて困ったりしてませんか?

最近はあまりお金をかけなくても携帯の便利なサービスを受けれるようになりました。「格安SIM」を使うと今まで数万円かかっていた通信費を2000円以下まで落とすことができたりします!

『LINEモバイル』や『楽天モバイル』が格安SIMの1つです。

なる
彼女が使っているのは、LINEモバイル!詳しく書いている記事があるので、気になる方は参考にしてみてください!

関連記事>>【LINEモバイル】携帯料金を16,000円も安くできた方法を詳しく解説!

しかし、今回は逆に、キャリア契約(ドコモ)のメリットについてお話しします。

携帯事情

ちなみに私は2015年から2018年6月まで楽天モバイルを使用していました。
現在はスマホを買い換えたのでドコモと契約しています。

格安SIM・大手キャリアを使ってみて、大手キャリアについてもメリットを書いていきます。

  • 大手キャリアか格安SIMで迷っている
  • ドコモのメリットを知りたい
  • 格安SIMで大手キャリアの代替ができるか知りたい

こんな人は、ぜひ記事を参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

LINEの年齢認証ができる

LINEにはID検索という機能があり、離れた友達でもそのIDを知っていればLINEで繋がることができます。

ですが、5年ほど前からID検索は出会い目的での利用を防止するために年齢確認が必要になりました

ID検索が使えるようになるにはドコモやsoftbankなどのキャリアに契約していることを証明する必要があるので、大人の方でも年齢認証できない場合があります。

では、キャリア契約をしていない人の解決策を見てみましょう。

 

格安SIMならLINEモバイルやワイモバイルで可能

LINEモバイルとワイモバイルだけは、LINEの年齢認証が可能です。

他の格安SIMは、対応していないので、ラインの年齢認証はできません。注意が必要!

 

大手キャリア(ドコモ)は、キャリア決済が可能

クレジットカードを持っていなくても、キャリアと通信契約している方はキャリア決済という方法で支払いができます。

請求日も基本的にその月の通信費を払うのと同じタイミングになるのでフリーターの方でも手軽に利用できる印象です。ドコモにも「ドコモ払い」というキャリア決済が用意されていて、上限10万円まで利用することができます!

ドコモの通信環境で4桁のパスワードを入力すれば決済完了です。簡単なので、よく使っています( ´∀`)

クレジット同様に簡単に支払いができてしまうのでご利用は計画的に。

では、大手キャリア以外での解決策を見てみましょう。

バンドルやPayPalで払えることもある

ネットでお買い物するならお金をチャージしてVISAが使えるバンドルやPayPalなども最近は流行っています。

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ
無料
posted withアプリーチ

 

誰でもスマホ一台で登録から決済までできるので、むしろキャリア決済の存在感がないような気がします。

ただ、キャリア決済は、支払いを後に回せるし上限額を後から設定できるので、賢く使いたい人、キャリアでの契約を選択肢に入れてもいいかもしれません。

 

スポンサードリンク

独自のWi-fiが用意されている

キャリアで契約している方は、キャリア会社と提携しているお店で無料でWi-fiが使うことができます。

ドコモWi-fiはとにかくいろんなところにあって、セブンやファミマなど大手のコンビニを始め、チェーン店のカフェやショッピングモールのフードコートにはかなりの頻度でWi-fiが用意されています。

JRのホーム内にもあるので電車待ちに使ったりなど、本当に範囲が広いのでとても助かっています。

今、記事を書いているのも近所のコメダ珈琲でドコモWi-fi環境内です。また、スマホのテザリングという機能をつかうと自分のスマホを経由して友達もドコモWi-fiを利用することができます。

とても便利なので、これがキャリア契約をしていない人にもあったらいいですね。

解決策を見てみましょう。

大手キャリアの独自Wi-Fiに代わるサービスはまだないです

残念ですが、データ容量無制限で大手のチェーン店に対応したサービスはまだ見当たりません。

ただ、スターバックスやタリーズ、マクドナルドなどでもフリーWi-fiを提供しているところはかなり増えてきています。時間制限やメール(SNS)認証が必要な場合がありますが、無料に変わりはありません。

あと、モバイルWi-fiで常にWi-fiを持ち歩くことも考えられます。

LINEモバイルと縛りなしWi-fiでしたら、通信費は計5000円ほどでドコモWi-fiより数千円安く抑えられます。

なる
彼女は、LINEモバイルとモバイルワイファイ(縛りなしWi-Fi)を使っています!携帯代と通信費の合計、5,000円。詳しく書いている記事があるので、気になる方は参考にしてみてください!

関連記事>>初期費用・解約金・通信制限なし!月額3,300円の『縛りなしWi-Fi』評判とメリット・デメリット

大手キャリアの通信費は6000円〜7000円強にもなるので生活は圧迫気味。解約も2年契約や端末購入サポートがあると6万円近くかかったり、違約金がかかるので慎重に選びましょう。

 

大手キャリアのメリットと格安SIMでの対応方法まとめ

楽天モバイルから、大手キャリア(ドコモ)に乗り換えましたが、たくさんのメリットがありました。

格安SIMに比べれば大手キャリアは値段が高くなりますが、その分充実したサービスが受けられます。しかし、大手キャリアのサービスも、格安SIMで対応可能なものがいくつかあります。

たくさんあるサービスを見つけて自分にあったもを使っていきましょう!

 

個人的には、大手キャリア(ドコモ)との2年契約が終われば『LINEモバイル』に乗り換えようと思っています。

 

LINEモバイルについてはこちらの記事をご覧ください▼

【LINEモバイル】携帯料金を16,000円も安くできた方法を詳しく解説!

 

 

なる(@oyasumi0s)からの寄稿です。

 

▼この記事をSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

高卒で働くのが嫌でフリーランスのブロガーになりました。個人ブログ【うたかたサプリ】を運営/「あなたの毎日を楽しくする」がコンセプトの雑記ブログ。趣味は旅行と映画鑑賞。 詳細プロフィールはWebSiteをクリック↓↓