かなり参考になったブロガーにおすすめする良本「僕らはSNSでモノを買う 」

わたしは、兵庫のはりま地域のローカルサイト姫路みたい」のSNS運用を担当しています。

始めて1ヶ月、「フォロワーが全く増えない」「全く拡散されない」「SNSごとの運用方法がわからない」とか、めちゃくちゃ苦戦しながらSNS運営をしています。

そんな時にTwitterで見かけた「僕らはSNSでモノを買う」。いまのわたしの状況を変えてくれるかもしれない……という、他力本願でこの本を購入しました笑

本の内容は、SNS運用(フォロワーを増やすなど)はもちろん、SNSマーケティングについても学べます。

ゆりの
この記事では、ポイントごとにわたしが気になったところを紹介していきます。

created by Rinker
¥1,650 (2019/11/20 20:10:37時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサードリンク

ストーリー形式でわかりやすい

ビジネス書は、難しい横文字が並んでいたり、イラストもほぼないイメージが強くて苦手意識がありました。

この「僕らはSNSでモノを買う」では、ストーリー形式で、イラストやグラフもあるので、SNSマーケティングがわからないわたしでも理解しやすい本でした!

ゆりの
マーケティング初心者でもわかりやすい本だった!知識0でもわかりやすいよ。

「僕らはSNSでモノを買う」概要

ウェブ担当:浅野、独立したて:木下というキャラクターが著者の飯髙さんにアドバイスを求めるというストーリー。

SNSによって、誰でもコンテンツを作れるようになりました。SNSをどのように使って商品やサービスにつなげていくのか……

鍵となるのは「UGC」と「ULSSAS」

SNSを仕事や自分のサービスにつなげたいと考えている人には参考になる一冊です。

著者:飯髙悠太さんは、株式会社ホットリンク執行役員CMO。支援企業のSNSコンサルティングを実施。これまれに東証1部上場企業を含め、100社以上のコンサルティングを経験されているそう。

スポンサードリンク

鍵となるのは「UGC」と「ULSSAS」

あらすじにも書いた「UGC」と「ULSSAS」。「僕らはSNSでモノを買う」で重要な言葉になってきます。

「UGC」と「ULSSAS」って?

・企業や組織のしがらみなくユーザーが自然に発生させた口コミをUGC(user generated contents)。

購買プロセス「ULSSAS」
UCG→LIKE→SEARCH(SNS検索)→SEARCH(Google・Yahoo)→Action(行動・購買)→spread(拡散)

人は企業の広告よりも、身近な人の口コミを信用する。なので、UGCを発生させることはめちゃくちゃ大切になってきますよね。人が行ってる可愛い雑貨屋さんがあったら、絶対に行っちゃうからUCG恐るべし……。

口コミから行動まで移すのが、「ULSSAS」

わたしは完全にこの通りに、SNSで買い物をしているから、いまの時代のSNSって本当にすごいなと感じます。

そもそもUCGが発生するようには、コンテンツを磨いたり、UCGが発生するような企画を考えることが大切ですね。

大切なのはコンテンツ

僕らはSNSでモノを買う」を読んで1番心に残ったのは、“SNSの運用だけ上手くなっても、コンテンツがよくないと意味がない。”という言葉。

この言葉は、ストーリーの中のちょっとした一部分なんだけど、改めて考えさせられました。

わたしの場合だと、いま読んでくださっているこの、「うたかたサプリ」の記事やサイトをよりよくしていかないと…笑

「僕らはSNSでモノを買う」から改善できること

「僕らはSNSでモノを買う」を読みながら、自分の問題点や改善点が見つかりました。

  • コンテンツに時間をかける
  • SNSのフォロワー数だけではなく、インプレッションとコンバージョンまで合わせて考える
  • フォロワーを増やすだけじゃなく、フォロワーの質を考える
  • UGCをチェックする
  • 思わず呟きたくなるコンテンツを作る
  • 実績やノウハウをを紹介するコンテンツを作る(UGCが発生しやすい)

まだまだ問題がたくさんです。

スポンサードリンク

さいごに

「僕らはSNSでモノを買う」を読んでみると、最初から最後までUGCが大切だと書いてありました。

SNSでは口コミの力が強いことが分かります。

口コミが多く発生するのは、コンテンツ力も必要になってきます。

ゆりの
結局、クリエエイターはコンテンツを磨くのが大切だと思う!

ブロガーやメディア運営をしている人におすすめする本です▼

created by Rinker
¥1,650 (2019/11/20 20:10:37時点 Amazon調べ-詳細)

他の書評記事はこちら

自分で自分をいじめてるの。「自分を好きになりたい。」を読んで感じたこと

『じゃ、また世界のどこかで。』を読んだら世界への憧れがより強くなった

韓国のwebtoonで人気漫画「恋するアプリ」のあらすじをまとめる

▼この記事をSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。