祇園四条駅の泊まれる本屋“BOOK AND BED”がオシャレすぎておすすめ




writer:ゆりの(@yurino_room

入ったお店はどこか京都らしくないネオンが光っている受付

不思議な空間にオシャレな店員さんが1人立っていた

 

カメラマンの姉がオシャレな場所で撮影がしたいということで、わたしを連れてきたのが “BOOK AND BED TOKYO” の京都店

 

青色に統一されたクッションとソファー
本棚のうらにベットがある不思議な空間が広がっていた

 

 

スポンサードリンク

KYOTO | BOOK AND BED TOKYO

京都の有名なオシャレスポット“祇園四条”。古さとモダンが融合している場所

ここに泊まれる本屋 BOOK AND BED TOKYOがある

 

祇園四条駅の7番出口を出て徒歩1分の近さ

 

入り口を開けるとネオンの受付に部屋が出てきた。
可愛い店員さんに説明を受けながら宿泊できるスペースに入っていく

 

****

 

宿泊スペースには高い本棚に本がぎっしり詰まっていた

ジャンルは、難しそうな本から漫画まで。幅広い種類の本がたくさん

 

本棚を囲むように青いソファーとクッションが並んでいる

この BOOK AND BET TOKYOでは宿泊以外でも利用できます。
その場合だと、主にクッションで時間を潰すことになります

利用料金にプラスして料金を払うとベットを使うこともできます
*クレジット・ICカードのみ

 

ベットの中もオシャレで、コンセントとブックライトも完備されています

BOOK AND BED TOKYOはWi-Fiもあるのでノマドワーカーさんにもおすすめです

 

飲食の持ち込みは禁止なので、受付で購入するシステムです

わたしが購入したのはお水なんですが、ボトルが可愛い。
ボトルも青色なので色が統一されています

 

 

泊まれる本屋のdaytimeをおすすめ

わたしは、どこかに旅行に行ってもすぐに疲れてしまいます。きっと生まれつきの引きこもりなんでしょう

気温が高いと汗へのストレス
人が多いと避けることへのストレス

観光地に着くまでに体力がなくなっていることなんてあります

そんな時に“泊まれる本屋” BOOK AND BED TOKYO があれば漫画を読みながら休憩ができるし、コンセントで充電もWi-Fiを使って作業もできます

 

オシャレなので写真を撮ればインスタ映えにもなります

 

1時間単位で滞在もできますし、4時間でフリータイムもあります

オシャレな音楽と静かな空間、本に囲まれながら過ごせるBOOK AND BED TOKYOは本当にオススメです

 

サイトはこちら>>BOOK AND BED TOKYO

 

 

撮影協力

この記事の写真は、わたしの姉 “shion”が撮影してくれました。

大阪でフリーランスのカメラマンとして活動しています。

 

お仕事の依頼はこちらから▼

https://our-photo.co/photographers/shion

 

shionのSNS▼

Twitter:@Photo_shion_

Instagram:photo_shion

 

 

この記事を書いたゆりののツイッター▼

 

 

スポンサーリンク







▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高卒で働くのが嫌でフリーランスのブロガーになりました。個人ブログ【うたかたサプリ】を運営/「あなたの毎日を楽しくする」がコンセプトの雑記ブログ。趣味は旅行と映画鑑賞。 詳細プロフィールはWebSiteをクリック↓↓